安定した走りを身につける「めだか走り」です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動会のかけっこなどで速く走るためには、

体の軸を安定させてまっすぐ走ることも必要になります。

運動療育プログラムの「めだか走り」で力を養っていけます。

 

めだか走りは、両手を前に上げて腕を伸ばして手を合わせた状態で走ります。

普段走る時には腕を振って反動の力を使って走りますが、

このように手を前に固定した状態では腕の力を使えないので

バランスがとりにくくなります。

そこで、バランスをとる力がつき安定した走りが身に付きます。

それはカーブを曲がる動きや障害物を避ける動きの上達にも

つながるので、スムーズに速く走ることができてきます。

 

一列に並んで走るようにしたり、コースを作ることでも

さらに力を育てていきたいと思っています。