「タイミングジャンプ」で大縄跳びの練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

大縄跳びをする時に必要なことは、

縄をよく見てタイミングよく跳ぶこと、その場で跳ぶことです。

これは意外に難しいことなので、大縄跳びの前に練習していきます。

その練習になる遊びが「タイミングジャンプ」です。

 

床に2本のテープを30cmくらいの幅で貼ります。

この2本の線の中に入って、そこから出ないように伝えます。

指導者が縄を滑らせながら近づけていくので、

足元まで縄が来たのを確認してタイミングを合わせて跳び越します。

縄が近づいてくると慌ててしまい、速く跳んでしまいがちですが、

足元にくるまで我慢し、線から出ないように着地します。

縄のくる方に体を向けていると線から出てしまいやすくなるので、

縄に対して体を横に向けて行い、

大縄跳びの動きにも近づけていきながら遊びます。

繰り返し跳んで、連続跳びにつなげていきたいと思います。