「三角コーンの積み重ね」で足先の器用さ、土踏まずの形成を促します。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

今は、土踏まずがない子どもが多くなっています。

これは現代の生活様式の変化や、

子ども達が足の指を使って遊ぶ機会が減ったことも原因です。

土踏まずが形成されていないとバランスをとることが下手になり、

すぐに転んでしまったり、衝撃を受け止める部分がないことで

少し歩いただけで疲れてしまったりします。

足の指先を動かして遊び、土踏まずの形成を促していきましょう。

 

「三角コーンの積み重ね」では、座ったまま足だけを動かして

コーンをどんどん積み重ねていく遊びです。

大きなコーンは両足で挟んで持ち上げ、

小さいカップは足の指で挟んで持ち上げてみます。

 

手よりも遠い位置での作業なので、空間認知力も育ち、

足だけを上げることで太ももや腹筋、背筋もつきます。

たくさん積めるように集中してできる環境で遊んでいきます。