「線路ウシガエル」で開脚跳びが上達します。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「ウシガエル」の動きは、

両手で体を支えるための支持力や、足を股関節から大きく開くことを

身につけられるので、跳び箱の開脚跳びの上達につながります。

手足をつく位置が大切なので、「線路ウシガエル」で

線路を作ってわかりやすく行ないます。

 

線路はテープを2本使って床に作ります。

そしたら手は線路の中に、足は線路の外側につくようにします。

先に手をつき、手→足→手→足の順番につきながら進みます。

手足が同時にジャンプしてしまわないように、

子どもの手を前に出してあげながら教えていきます。

そして、足の位置も最初は手の横あたりまで跳べれば良いですが、

徐々に手よりも前に持ってこられるように練習します。

これにより腕にかかる負荷が増えるので腕の力がつき、

跳び箱を跳び越す時の動きにつながってきます。