「いじわる回転縄跳び」で複数のことに意識を向ける練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「いじわる回転縄跳び」のご紹介です。

まずは通常の大縄跳びの要領で数回縄を跳びます。

そしたら一度、子どもの足元で縄を止め、次は反対回しにします。

数回跳んだらまた縄を止め、再び反対回しにします。

これを繰り返して遊んでいきます。

 

上手に跳ぶために必要なことは、回し手の動きをよく見ること、

縄の動きをしっかり追うこと、足元に縄がきたらジャンプすることです。

これらを一度に意識しながら跳ぶことがポイントなので、

何度も繰り返し遊ぶことが一番重要です。

 

大縄跳びが苦手でも、回し手の回し方で跳ぶことができるので、

達成感を感じてもらいながら、少しずつ回数を増やしていけるように

つなげていきたいと思います。