「カップタッチクマ」で色の認識力を高め先を読む力をつけます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「カップタッチクマ」のご紹介です。

まず赤、黄、緑などの色のカップを複数用意し、

ジグザグに床に置いてコースを作ります。

そしたら1人ずつクマ歩きでコースを進みながら、

指示された色のカップだけをタッチして歩いていきます。

 

指示の出し方は、「赤だけ」などの簡単な指示から

「ほうれん草の色」や「緑と黄色じゃない色」など

1人1人の段階に合わせて工夫していきます。

イメージ力向上や、色の認識を高めることにつながります。

 

クマ歩きは腕で体を支えるための支持力が養われるので、

跳び箱や側転につながることはもちろん、

日常生活でも、転んだ時に顔への怪我を防いでくれます。

継続的に行い、楽しく力の発達を促していきたいと思います。