「忍者ゲーム」で聞く力、判断力を育てます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「忍者ゲーム(座る・跳ぶ)」のご紹介です。

この遊びでは、子ども達の聞く力や判断力、集中力を養うことができます。

まず、子ども達は横一列に並び、指導者と向き合います。

指導者は新聞紙を丸めて作った刀を持っています。

そして、指導者が「頭」と言ったら刀で子ども達の頭の上をスイングするので

子ども達は当たらないようにしゃがんで避けます。

次に「足」と言ったら足元をスイングさせるので、

当たらないようにジャンプして避けます。

 

慣れてきたら「頭」と「足」を順番ではなくランダムにしたり、

スピードをあげたりしながら難易度を調整して遊びます。

また、友達と一緒に行なうことで、隣の友達も意識しながら

活動することも大切にしています。