「棒またぎくぐり」で体の見えない部分までイメージする力を養います。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「棒またぎくぐり」のご紹介です。

子ども用の椅子2つの間にフラフープをかけて

高さのある障害物をつくります。

子どもの人数に合わせて複数あると良いです。

 

子どもはフープに当たらないようにまたいで入り、渡っていきます。

帰りはフープの中に入ってから下をくぐって出ていきます。

くぐる時も頭やお尻が当たってしまわないように

意識を集中することで、身体周辺感覚といった力が育ち、

歩いているときに人や物に当たってしまうようなことがなくなります。

 

難しい場合は高さを調節したり、フープではなく棒に変えたりして

調整しながら1人1人に合わせて遊んでいきます。