強い判断力を育てる「コウモリなぞなぞ」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「コウモリなぞなぞ」をご紹介します。

まず鉄棒につかまってぶら下がり、手と手の間にひざをかけて

「コウモリ」の姿勢になります。

そして顎を開いて安定したら、質問やなぞなぞを出します。

 

ぶら下がることがあまり得意ではない子には、

年齢やクラス名、好きな食べ物などの簡単な質問から始めます。

しっかりぶら下がることが落ち着いてできていれば、

「赤い食べ物を3つ」や「に から始まる野菜」など

少し考えることが必要になる質問に挑戦していきます。

少しづつ長い時間落ち着いてぶら下がることができるように、

質問内容を変えながら練習していきます。

 

逆さまの状態では判断力が低下した状態になるので、

普通になぞなぞを考えるよりも強い判断力が養われます。