「タオル回しジャンプ」で短縄跳びの練習です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

短縄跳びの練習になる「タオル回しジャンプ」のご紹介です。

縄ではなくタオルを使うことで、縄にひっかかることなく

腕回しとジャンプのタイミングを合わせることを

覚えていくことができます。

 

まずは半分の長さに折ったタオルを両手にそれぞれ持ち、

回しながらジャンプをしてみます。

前回し、後ろ回し、ともに速く回すことができるようにします。

そしたらタオルを伸ばして、ゆっくり大きく前に回して跳んでみます。

スムーズに回せるようになったら、そのまま前に進んでいきます。

 

この動きを繰り返すことで、失敗経験をせずに

短縄跳びの習得につなげていくことができます。