「ウシガエルのフープ渡り」で考えながら動くことを身につけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。

まず、フラフープをいくつか縦にくっつけて並べます。

そして、フープの中だけに手足をつきながらウシガエルで渡ります。

ウシガエルの動きは、足を開いてしゃがみ両手は中につき、

手→足→手→足の順番につきながら進みます。

 

フープの中に手をついた後、足もその中に入れなければいけないので、

どこに手をつけばいいかを先に考える必要があります。

考えながら動くことが体の動きをコントロールすることにつながるので、

ゆっくりで良いのでフープからはみださないように

渡っていけるように練習しています。

そして、腕の力をつけて跳び箱にもつなげていけるようにしたいと思います。