「シルエット〇×グーパー」で判断力や人の気持ちを想像する力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「シルエット〇×グーパー」をご紹介します。

シルエットカードを使って〇×クイズをします。

シルエットは、果物や動物などの絵の他に、

人が何かの動作をしている絵の物も用意しておきます。

例えば電話をしているところ、ご飯を食べているところなどです。

そして、答えが〇だと思ったら手足を大きく広げてパー、

×だと思ったら手は胸の前で曲げて足を閉じたグーを表します。

 

色のないシルエットだけでそれが何なのかを考えて判断し、

人が何かをしている絵では、その動作や気持ちを考えていくことで

日常生活でも人の気持ちを推測することの練習になります。

いろいろ発展させていきながら遊び、

生活面で活かせる力をつけていけるような活動を目指しています。