前頭葉を鍛える「後出しじゃんけん」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

今日2つ目にご紹介するのも手を使った遊びです。

手先を使った遊びは脳の刺激にも良いですが、

より強く脳を働かせることができる遊びをご紹介します。

 

運動療育プログラムの「後出しじゃんけん」です。

まず指導者が先にグー、チョキ、パーのどれかを出します。

子ども達はその手を見てから、後出しで勝つ手を出します。

これを何度か行い、スムーズに出せるようになったら、

今度は勝つのではなく、負ける手を出してみます。

勝つよりも負ける方が難しく、脳の前頭葉を活発に働かせることができます。

最初はゆっくり、徐々に早いテンポで判断できるように

練習しながら遊んでいきたいと思います。