柔軟性や姿勢を良くする筋力を養う「アヒルつま先横歩き」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスです。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「アヒルつま先横歩き」をご紹介します。

まず足を開いてしゃがんで、アヒルの姿勢になり、

前ではなく横向きに歩いていきます。

横に進むためには足を股関節から大きく開くことになるので、

柔軟性が高くなります。

そして、移動するときに一瞬ですが片足立ちになるので、

バランスをとるために足の指先や腹筋や背筋といった筋力も育ちます。

これは普段から、良い姿勢を作るために必要な力なので、

積極的に育てていきたいと思っています。