「タンバリン両手タッチ」で2つのことを同時に行なう練習です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「タンバリン両手タッチ」をご紹介します。

まず、1段の高さの跳び箱の上に乗ってもらいます。

そしたら目の前にタンバリンを2つ出しておくので、

それぞれの手でタンバリンをタッチして着地します。

着地の時までしっかり意識していないとフラフラした着地になってしまい、

足の力や腹筋などを育てることができないので、

最後までぴたっと決められるように指導します。

 

この遊びで、ジャンプすることとタンバリンをタッチすることを

同時に行なうことに挑戦します。

最初2つのタンバリンはくっつけて出しますが、

徐々に左右に離していくことでレベルアップも狙っていきます。

2つのことを同時に意識することは、

日常生活でもいろいろな場面で出てくることなので、

日々の取り組みの中でこうした力を自然と身につけていけるように

いろいろな工夫をして遊んでいきたいと思っています。