「走り幅跳び」で動きを事前に予測する力をつけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「走り幅跳び」をご紹介します。

床にビニールテープで踏み切り位置を付けておきます。

少し助走をつけて走ってきたらそこで踏み切って跳びます。

走っている途中でスムーズに踏み切るためには、

走りながら事前に踏み切り位置を予測する必要があります。

事前に動きを予測することは、2つのことを同時に行なうことや、

複雑な動きの運動もできることにつながっていきます。

 

腕を振ることや、着地でしりもちをつかずに足で着地することも

意識しながらかっこよくできるように練習していきます。

少しずつ遠くまで跳べるように挑戦し、

たくさん達成感を感じながら運動遊びをしていきたいと思います。