「忍者カンガルーの縄越え」で強い空間認知力を身につけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。

ゴム紐を、子ども達のひざの高さになるように張っておきます。

そしたらゴム紐の前に立ち、両足を閉じて腕を大きく振って、

カンガルージャンプで跳び越してみます。

縄の高さが高く、ひざの位置まであることで、

より空間認知力が刺激されて育ちます。

 

そして、音を立てない静かな着地にも挑戦します。

ひざのクッションを使って音を吸収させることができるように、

着地時につま先に力を入れて足首、ひざ、腰、上半身と

全身をうまく連動させながら着地できるように練習していきます。

音を立てない着地はなかなか難易度が高いですが、

少しずつイメージできるように練習していきたいと思います。