「障害物片足クマ」で空間認知力を養い日常生活でも役立てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「障害物片足クマ」をご紹介します。

クマ歩き(四つんばいからひざとお尻を上げる)から、

片方の足を上に上げて、両手と片足だけで歩く片足クマ歩きで、

目の前に置いてある障害物を越えていきます。

 

用意する障害物は、ブロックやペットボトル、

クネクネの縄や高さのあるゴム紐などいろいろ用意し、

少しずつレベルアップして挑戦していくようにします。

障害物に当たらないように、動き方やコースを考えたりすることで

先を読む力が育ち、物との距離をはかる空間認知力も養われます。

どちらも日常生活で使うことの多い力で、

身につけておくことで日常生活でのレベルを上げることにつながります。

遊びながら身に付けることが子ども達には効果的なので、

日々の取り組みの中で身につけていけるようにしたいと思います。