「ジグザグスキップ」で器用さや先を読む力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「ジグザグスキップ」をご紹介します。

床に、テープでジグザグのコースを作っておきます。

そのコースの中からはみ出さないようにスキップで進みます。

スキップでスムーズに進むには、腕振りとジャンプのタイミングを

合わせるように意識します。

そして、ジグザグに方向転換もしながら進んでいくので、

とても頭を使う遊びです。

 

方向転換をするときは、先に上半身をひねってから

下半身を連動させるようにして向きを変えますが、

スキップのときはこれを片方の足で行なわなければいけません。

そこで、体を器用に操作する力も身に付きます。

 

まずはスキップが上達していることが前提なので、

スムーズなスキップの習得から目指していき、

1人1人の段階に合わせて練習していきたいと思います。