「電車一列歩き」で社会性をしっかり身につけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「電車一列歩き」をご紹介します。

子ども達は一列に並び、電車になったつもりで「がたんごとん」と言いながら

腕を車輪のように回して歩いていきます。

列を乱さないように前の人についていくこと、

前の人にぶつかったり離れすぎたりしないよう距離を保つこと、

腕を車輪に見立てて動かすこと

を意識して行なうことで、社会性や集中力、抑制力、

模倣力や空間認知などたくさんの力を育てていきます。

 

特に、人を見て動き、ルールを守って遊ぶことで

強い社会性が養われるので、いろいろ発展させながら

さらに力の発達を促せるように工夫して遊んでいきたいと思います。