「合図で回転」で人に注意を向け社会性を養います。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「合図で回転」あそびをご紹介します。

まず、子ども達は体を横向きにして跳ぶ、横跳びで進んでいきます。

途中で指導者がタンバリンを叩いて合図を出すので、

合図があったらその場で1回転して、また横跳びで進みます。

1回転ができない場合は、半回転でもOKです。

 

横跳びを行ないながら、合図に意識を向け、

合図があったら素早く体の動きを切り替えるという動作で、

社会性や切り替え力を養って遊びます。

1回転の着地の時も、フラフラしないですぐに横跳びに移行できると

より良い発達につながるので、そんなことも意識しながらできるように

1つずつ練習していきたいと思います。