「色別ウシガエル」で判断力を高めていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「色別ウシガエル」をご紹介します。

床には2本のテープで線路を作っておきます。

その線路の中には赤色の印をつけ、外側には青色の印を

それぞれ交互になるようにテープなどでつけておきます。

 

子ども達には、赤色には手をつく、青色には足をつくように伝え、

足を開いてしゃがみ、ウシガエルになって進んで行きます。

まず手を赤色につき、次にジャンプして足を青色に乗せます。

これを交互に行なって進みます。

 

赤は手、青は足、と最後まで覚えておくことで記憶力を使い、

色によって手か足かを判断することで判断力や認識力を養います。

少しずつレベルアップしながら、遊んでいきたいと思います。