「両足サルキック」で腹筋や足の内側の筋力を養います。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「両足サルキック」をご紹介します。

まず鉄棒につかまり、肘を曲げたままぶら下がります。

そしたら目の前に目標物をかかげておくので、

それを両足を揃えた状態でキックします。

 

足を揃えて閉じておくことで、腰から膝、膝から足先へと

力が伝動しやすくなりより強く蹴ることができます。

そして、足の内側の筋力がつくので、

普段椅子に座るときに足を閉じたまま座ることができるようになります。

 

日常生活の中では、この足の内側の筋力を刺激することが

あまりないので、運動あそびでしっかり養って生きたいと思います。