「坂道後ろ走り」でバランス力を高め、速く走れるようになります。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「坂道後ろ走り」をご紹介します。

坂道を後ろ向きで登っていく遊びです。

体は後ろ向きですが、顔だけ前に向けて進行方向を確認しながら進みます。

後方感覚が育ち、左右の感覚や平衡感覚も養われるので

勢いだけで進むのではなく、ゆっくり走ることから始めていきます。

 

坂道なので必然的に足の指先で踏ん張ることができ、

走る時に必要な指先で地面を蹴る感覚が身に付きます。

 

足の指先を刺激することは土踏まずの形成にも役立つので、

遊びの中にたくさん取り入れ、バランスの良い身体作りをしていきたいと思います。