「カンガルーが転んだ」で抑制力や感情のコントロールを身につけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「カンガルーが転んだ」をご紹介します。

「だるまさんが転んだ」をカンガルージャンプで行なう遊びです。

速く進みたくて走りたくなりますが、カンガルーさんで行うことで

抑制力を身につけていくことができます。

そして、オニが「カンガルーがころんだ」と言っている間だけ進むので、

相手のタイミングに合わせて動くことになり、

脳の前頭前野に良い刺激を与えることができます。

 

できるだけかかとをつけないつま先立ちで、

音を立てない静かなジャンプができるように練習していきます。

音を立てないように膝のクッションを上手に使うことで

体の動きをやわらかくすることができます。

静と動のメリハリも意識しながら、楽しく遊びたいと思います。