「マネっこあそび」で人に共感する力を身に付けていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「マネっこあそび」をご紹介します。

指導者の言葉と動きをマネする遊びです。

例えば指導者が「おなか」と言ってお腹を触ったら、

子ども達も「おなか」と言ってお腹を触ります。

言葉だけや動作だけでなく、両方を真似ることがポイントです。

言葉を真似るためにはしっかり指導者の言葉を聞いていなければ

いけないので、聞くことが上手になり、

普段から人の話を聞くことができるようになってきます。

 

模倣遊びは発達障害の子ども達にはとても良い遊びなので、

積極的に取り入れるようにしています。