「足を渡る障害物クマ」で強い空間認知力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「足を渡る障害物クマ」をご紹介します。

腕の支持力を付けるためのクマ歩きに障害物を加えることで、

物との距離を正確にはかる空間認知力が養われます。

 

やり方は、大人が足を開いて座っているので、

その足の上を足に当たらないように気をつけながら

慎重に渡っていくという遊びです。

 

足に当たらないようにするには手足をどの位置につけば良いのかを

考えて判断するのが空間認知の力なので、

1回渡ったら終わりではなく、何度も行ったり来たりして遊びます。

普段歩いているときに人や物に当たらないようにするのも、

ボールが飛んできたときに避けるのも

この空間認知力の力なので、しっかり育てていきたいと思います。