「カエルの跳び乗り」で跳び箱に慣れながら遊んでいきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「カエルの跳び乗り」をご紹介します。

低い跳び箱に跳び乗ることで、跳び箱に慣れていきます。

跳び箱は1段の高さを用意し、跳び箱の数メートル手前から

手足同時にジャンプするカエル跳びで進んできます。

跳び箱までたどりついたら、そのままカエルの姿勢で跳び乗ります。

手は中、足は開いて外側につけるようにします。

 

開脚跳びでは、足を股関節から大きく開くことがポイントになるので、

カエルさんでしっかり足を開くことを覚えていけるように

いろいろな遊び方で遊んでいきたいと思います。