バランス力を養い視野を広げる「綱渡り握手」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「綱渡り握手」をご紹介します。

床に1本の縄をおき、その上を裸足で渡っていきます。

途中に指導者が立って手を出しているので、

そこで一度止まり、握手をしてからまた最後まで渡っていきます。

 

細い縄から落ちないようにしっかりと指先で縄をつかむように歩き、

握手するポイントをしっかり意識しながら進みます。

落ちないように慎重になる余り、下ばかりを向いていると

バランスを崩しやすくなるので、足元と数メートル先を交互に見ながら

歩けるように練習していきます。

これが、視野を広げることにつながります。

 

足裏の感覚、バランス力、同時に2つのことに意識を向けること、

いろいろな力を身に付けながら遊んでいます。