社会性や判断力を養う「豚の丸焼きじゃんけん」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「豚の丸焼きじゃんけん」をご紹介します。

まず、友達と2人で鉄棒で豚の丸焼きになります。

お互いの顔が見えるように向きも考えます。

顔が向かい合うようにぶら下がれたら、片手を離し、

タイミングを合わせてじゃんけんをします。

長くぶら下がっていると落下の危険が高くなるので、

じゃんけんは1回勝負にします。

 

この時に大事なのが、相手の様子をしっかり見ることです。

相手がじゃんけんの準備ができているか確認して

一緒にタイミングを合わせて行なうことが大切です。

そして、逆さまの状態でじゃんけんをすることが

判断力の低下した状態でのじゃんけんになるので、

通常のじゃんけんよりも頭を使い、より判断力が養われます。

 

鉄棒遊びではいつも落下の危険があるので、

上手な子でもしっかりと補助をして安全に遊んでいます。