体のコントロール力を向上させる「跳び箱でカエルの足打ち」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「跳び箱でカエルの足打ち」をご紹介します。

この遊びは、跳び箱や側転の上達につながる動きで、

高所感覚やバランス感覚、体のコントロール力を上げることにつながります。

 

まず、跳び箱に両手をパーに開いてつき、顎を開いて前を向きます。

そして手はついたままで足だけをジャンプして

足裏を空中でパチンと打ち合わせます。

最初は低い位置で1回打ち合わせることができれば良いので、

少しずつ高く足を上げて2回足打ちができるように練習します。

 

足を高く上げるには腹筋背筋が必要で、

腕で体重を支える力や高所感覚もなければ足を上げることができません。

それぞれに、どんな力を補っていけば良いのかを見ながら、

必要な遊びを提供していくようにしています。