「線路グーパー跳び」抑制力を身に付けていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「線路グーパー跳び」をご紹介します。

床にテープや縄で2本の線をひき、線路を作ります。

この線路をグーパー跳びで渡っていく遊びです。

グーの時は足を閉じて線路の中に入れ、両手を胸につけます。

パーの時は両手と両足を開いて、足は線路の外側につきます。

これを繰り返して線路を進んでいきます。

 

グーパー跳びで進むことで速く進むことができないので

抑制力を育てることができ、慎重に動作を行なう力が身につきます。

そして、体のコントロール力やイメージ力、空間認知なども

同時に育てることができる遊びです。

 

苦手な子は指導者と手をつないで足の動きだけをしたり、

指導者が前に立って同じ動きをしながら誘導したりします。

「グーパー」と口に出して言いながら、少しずつ進むスピードを

速くしていけるように練習していきます。