腕の力を高め、側転の上達につながる「両手つき片足クマ」です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「両手つき片足クマ」をご紹介します。

まず片足クマは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢から、

片方の足を上に上げて両手と片足で歩く動きです。

最初は手は片方ずつバラバラにつきながら

手→手→足→手→手→足の順について歩きますが、

力がついてきたら両手を一緒について、

手→足→手→足の順に動かして進んでみます。

 

この方が手にかかる負荷が増え、腕で体を支える支持力が強く育ちます。

そして、この動きを覚えることで跳び箱を跳ぶ動きや

側転の上達にもつながってきます。

 

段階を追って少しずつステップアップしていくことで

スムーズな技術習得につながり、

小さなステップアップをたくさん経験することで自信がつき

次へのやる気にもつながります。

 

子ども達1人1人に合った方法で、ゆっくり楽しみながら

療育活動をしていきたいと思います。