体を支える腕の力は幼児期にしっかり育てたい力です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達は、歩けるようになると腕の力を使う機会が減り、

なかなか腕の力が育たなくなります。

昔のように外で体を動かして遊ぶことも減っているので、

積極的に腕を使う遊びをすることがとても必要な時代です。

 

腕で体を支えるための支持力を育てる運動あそびの中から、

「足閉じウシガエル」をご紹介します。

まず通常のウシガエルの動きは、両手は揃えて中につき、

足は開いて手の外側に持ってくるという動きです。

これを逆にして両手を開いて外側につき、

足は閉じて手と手の間に持ってくるのが「足閉じウシガエル」です。

 

通常のウシガエルでも腕の支持力はつきますが、

手を開くことでより腕にかかる負荷が増えるので、

さらに力をつけていくことができます。

跳び箱や側転、鉄棒で足を振る動きなどにもつながってくるので、

腕の力がついてきたら取り入れていきたいと思います。