「忍者開脚跳び」で跳び箱を跳び越す練習です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

跳び箱を跳び越すという動きは複数の動きを一度に行なうので、

とても難しい動きです。

それぞれの動きを1つ1つ理解して習得しながら、

少しずつステップアップして達成できるようにしていきます。

 

跳び箱を実際に跳び越してみる「忍者開脚跳び」をご紹介します。

最初は、助走はつけません。

跳び箱の前に足を閉じて立ち、両手を跳び箱につきます。

顎は開いて前を向き、膝を曲げてパワーをためたらジャンプします。

ジャンプと同時に足を横に大きく開き、

跳びこしたら着地はまた足を閉じて行ないます。

 

この足の動きが、まだ体をうまくコントロールできていないとできません。

まずは足を閉じた状態からジャンプと同時に開くところまでを

練習するために、ロイター板を使ったりしながら行なっていきます。

何度も足を開いて跳ぶ動きを行なって覚えていきます。

練習の最後には、補助をつけて跳び越すところまでの動きも

経験してもらいながら、上達を目指していきます。