「長い平均台渡り」で視野を広げて動く練習をします。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「長い平均台(2本幅)」をご紹介します。

平均台は2本つなげた幅にし、少し長めの距離にします。

平均台に乗ったら、落ちないようにゆっくり歩いていきます。

 

慎重になることで目線が足元ばかりにいってしまうと

余計にバランスを崩しやすくなるので、

足元と数メートル先の両方に目を配りながら歩きます。

これが、視野を広げて動ける力につながります。

 

広い視野で動けると、サッカーなどのスポーツをするときも

あちこちに目を向けながら動くことができるので有利です。

そして、同時にバランス力も養うことができるので、

少し長めの距離設定で遊んでみてください。