「棒くぐり」で体の見えない部分まで意識して動く練習です。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「棒くぐり」をご紹介します。

棒や縄を使って低めの障害物を作ります。

この下を、子ども達はうつ伏せのワニ歩きでくぐっていきます。

ワニ歩きは、うつ伏せになって手で体を引き寄せながら

足で地面を蹴って前に進んでいく動きです。

手で体を引き寄せることで、鉄棒に必要な懸垂力がつき、

足の親指で地面を蹴ることは速く走ることにもつながります。

 

そして、障害物があるので空間認知や身体周辺感覚といった力を

育てていくこともできます。

くぐり始めると障害物は見えなくなるので、

しっかりイメージしながら動き、頭やお尻が当たってしまわないように

最後まで集中してくぐれるように、繰り返し遊んでいきたいと思います。