「手なしゆりかご起き」で腹筋を強くします。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「手なしゆりかご起き」をご紹介します。

まずマットの上で体操座りをします。

そして顎を引いて背中を丸めたら、後ろに転がります。

転がったら反動を活かすように足を伸ばして、一気に起き上がります。

 

腹筋を強く刺激する動きになるので、腹筋が弱いと

後ろに転がったときに頭をぶつけたり、

足を伸ばしたときに上げておくことができずにかかとをぶつけることがあります。

まだ腹筋が弱い場合は、通常のゆりかごで転がったり、

手を使って起き上がるようにして遊んでいきます。

力がついてきたら、少しずつ上のレベルに挑戦しながら

体幹の力をしっかりと育て、日常生活にも活かしていきたいと思います。