「クマで足じゃんけん」で体の操作力を上げいろいろな動きの上達につなげます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「クマで足じゃんけん」をご紹介します。

子ども達は2人組になり、向かい合って四つんばいのクマ姿勢になります。

顔が下を向いているとお互いに頭をぶつけたり、

じゃんけんの勝敗がわからないので、しっかり前を向きます。

そしてタイミングを合わせて、足でじゃんけんをします。

 

グー、チョキ、パーを出すときに一度ジャンプして体が浮くので、

体や足は見えない状態でもどの辺りまで上げられているかを

イメージしながらできると、空間認知力がしっかり育ちます。

そして、当然両腕だけで体を支えるので腕の力がつきます。

 

さらに足を上げることで上半身と下半身を連動させることも身に付くので、

鉄棒や跳び箱、側転などをする時にとても役に立ちます。

足を上げるときに地面を強く蹴りすぎると勢いで後ろに倒れてしまうので、

そんなところも気をつけながら、体の操作力を上げて、

今後いろいろな動きができるように遊んでいけたらと思います。