縄を使わずに短縄跳びの練習をします。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「縄を使わない線路短縄跳び」をご紹介します。

短縄跳びは、一度に複数の動きを行なうことが必要で、

特に腕回しとジャンプのタイミングを合わせることが重要です。

このリズムを身に付けるために、縄を使わずに腕を回しながら

2本のテープで作った線路の中をジャンプしていく遊びを行ないます。

 

リズムがつかみやすいように手拍子をしたり、

隣で一緒に行なったりしながら練習していき、

腕回しとジャンプのタイミングが合うようにしていきます。

 

他の遊びと組み合わせて段階を追って練習していくことで、

短縄跳びの上達につなげていきます。