タオルを使うと引っ掛からずに縄跳びの練習をすることができます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「ジグザグタオル回しジャンプ」をご紹介します。

短縄跳びの上達を目指すためには、引っ掛かる回数を減らすことも重要です。

引っ掛かってばかりだと練習が進まないだけでなく、

本人のやる気もなくなってしまうので、

縄の代わりにタオルを使って練習していきます。

 

床にはフープを並べてジグザグのコースを作っておきます。

両手にタオルを1本ずつ持ち、前回しをしながら

フープの中をジャンプしながら進んでいきます。

フープのコースにすることで空間認知力も育つので、

よく見て両足を揃えて入ることも意識しながら遊んでいき、

腕回しとジャンプのタイミングを合わせるように練習していきます。