「後ろ向き線路ウシガエル」で速さよりも巧緻性を養います。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「後ろ向き線路ウシガエル」のご紹介です。

ウシガエルは、足を開いてしゃがみ両手は真ん中について、

手→足→手→足の順番に前に出しながら進んでいく動きですが、

これを前に進むのではなく後ろ向きに進んでいきます。

 

床には2本のテープで線路を作り、まっすぐ進めるようにします。

後ろ向きなので、まずは足を開いたまま後ろに出し、

足→手→足→手の順番に後ろに進みます。

進行方向が後ろになると、混乱して動けなくなってしまうこともあるので、

隣で見本を見せたり、手足をつく位置に印をつけたりしながら

ゆっくり焦らずにできるようにしていきます。