「トンネルわにさん」で遊び判断力や切り替え力をつけます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「トンネルわにさん」をご紹介します。

まず友達と2人組みになり、じゃんけんをします。

じゃんけんに勝った人はその場で足を開いてトンネルを作ります。

負けた人はそのトンネルをわに歩きでくぐります。

 

わに歩きは、床にうつ伏せになって胸までつけた状態で、

わにのように手と足を使って前に這っていく動きです。

しっかり手の力で体を引き寄せながら進むことで

鉄棒遊びに必要な腕の懸垂力が育ってきます。

 

トンネルをくぐる時にはぶつかると危ないので、

顔を上げずにできるだけ低い姿勢でくぐるように約束しておきます。

トンネルの作り方も、足を開くだけでなくクマさんのようにしたり、

ブリッチや、横向きで片手と両足を伸ばした姿勢など、

いろいろな形に挑戦しながら遊んでいきます。