「さるの輪投げ」で目標を決めて全力で遊びます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です、

 

運動療育プログラム「さるの輪投げ」をご紹介します。

「さる」は鉄棒遊びでの腕の懸垂力や、腹筋や太ももの力を養います。

できるだけ長くぶらさがっていることを目指したいので、

目標を作って挑戦したり、友達と競争しながら遊んでいきます。

 

まずは鉄棒にぶら下がって、足を揃えて少し曲げて持ち上げます。

その足に向かって前から小さめのフープを投げていくので、

たくさん足で受け取ることができるように挑戦します。

目標を決めたり競争にして行なうと、子ども達は自然と全力を出して

取り組むことができるので、より効果的に力を育てられます。

 

ただ、がんばりすぎてお尻から落ちてしまわないように、

様子を観察しながら補助にもついて安全に遊ぶようにしています。