「タッチタッチゲーム」で抑制力を育てながら遊びます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「タッチタッチゲーム」をご紹介します。

まず、指導者と子どもで向かい合い、子どもの目線に合うようにしゃがみます。

そしたら、「これからパーの手を出すからタッチしてね」と伝え、

片手ずつ交互に出していき、タッチしてもらいます。

少し繰り返して慣れてきたところでルールを追加します。

「今度からは、たまにグーの手も出ます。

グーは触ると痛いトゲトゲの栗だから、グーが出たら触ってはいけないよ」

と伝え、パーの中に時々グーを混ぜて出していきます。

 

グーの時に触りそうになるのを我慢して引っ込めることができるか、

ゆっくりのリズムから挑戦していきます。

とても脳の判断力や抑制力を刺激することができ、

何より楽しく遊べる遊びなので、アレンジしたり

レベルアップしながらたくさん遊んでいきたいと思います。