「さるのカップキック」でぶら下がる力や判断力、イメージ力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「さるのカップキック」をご紹介します。

鉄棒につかまって、できるだけ肘を曲げた状態ぶら下がり、

足は揃えて膝を曲げ、少し持ち上げます。

そしたらその足先に向かっていろいろな色のマーカーコーンを投げるので、

足の甲の部分でキックしていってもらいます。

かなりの腕の懸垂力と、腹筋や太ももの力が刺激されます。

 

慣れてきたら蹴る色を指定したり、反対に蹴ってはいけない色を指定したりします。

色の指定も「バナナの色」などの言い方にすることで

色をイメージしながら行うなど、少しずつレベルアップしながら遊んでいきます。