「電車クマ歩き」で空間認知やイメージ力を育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「電車クマ歩き」をご紹介します。

床に30cm幅ほどの線路を、テープを貼って作っておきます。

その線路の上だけに手足を乗せて、クマ歩きで渡っていく遊びです。

クマ歩きは、四つんばいで膝をあげた姿勢で歩きます。

右手と右足は右側のテープの上につき、

左手と左足は左側のテープの上について歩いていきます。

 

顔は前を向いていないと危ないので前を向けたまま、

手足が線路から落ちないように気をつけながら進みます。

特に足はまったく見えない位置で動かすので、落ちやすくなります。

時々確認しながら、足をつく位置や動きをイメージして動かせるように

繰り返し練習していきます。

単調な動きなので、いろいろアレンジを加えながら楽しく

取り組めるように工夫して遊んでいくようにしています。