「忍者ゲーム」は人に興味を持つのに適した遊びです。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「忍者ゲーム」をご紹介します。

まず、座布団のような物の上に乗ってもらい、

そこから落ちないことを約束してから始めます。

指導者は新聞紙を丸めた、刀に見立てた物を持っています。

そして子どもの頭の上を「危ない!」と言いながらスイングさせるので、

当たらないようにしゃがんで避けます。

右から左から次々に来るので、素早く避けられるように遊びます。

 

慣れてきたら、次の段階として「頭」と「足」の2つの言葉を使い、

「頭」と言ったら頭の上を刀が通るので同じようにしゃがんで避けます。

「足」と言ったら足元をすくうように刀が通るのでジャンプして避けます。

最初のうちはゆっくり動かすので、しっかり言葉を聞いて、

相手の動きを見て判断できるように練習していきます。

 

この遊びでは人に強く興味を持つことができ、

判断力や集中力、瞬発力、語彙力や聞く力などたくさんの力を

養っていくことができ、とても楽しく遊ぶことができます。

 

このように、遊びながら能力アップを目指せるのが「柳澤運動プログラム」です。