「カップタッチカエル」で記憶の操作力を向上させていきます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「カップタッチカエル」をご紹介します。

床には赤、青、黄色などの複数の色のカップを

少し間隔を空けて並べておきます。

そして、タッチする色の順番を「黄色→赤→青」などと指示するので、

カエルジャンプで進みながら、その順番にカップをタッチしていきます。

 

カエルジャンプは足を開いてしゃがみ、その中に両手をパーにしてつき、

手足同時にジャンプする動きです。

自分よりも後ろにあるカップをタッチする時には

体の向きは変えずに、前を向いたまま後ろにジャンプしてタッチします。

このカエル姿勢を維持しながら、しっかり順番を忘れずに進み、

カップをタッチすることができるように練習していきます。

 

集中してできるように環境設定をし、個々に合わせたやり方で

記憶力や認識力、判断力を育てていきたいと思います、