「後ろ向きクマで宝取り」でバランス力を強く育てます。 療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「後ろ向きクマで宝取り」をご紹介します。

後ろ向きに進むことで後方への感覚を身に付け、

普段使わない筋肉を刺激したり、バランスをとる力を育てていきます。

 

まず、複数のカップやマーカーコーンなどを床に置いておきます。

そしたら子ども達はスタートラインに後ろ向きに立ち、

後ろ向きのクマさんになります。

そして、そのまま後ろ向きでクマ歩きをしてカップまで進み、

好きな色のカップを1つ拾います。

拾ったら立ち上がって、ゴールに置いてある宝箱の中に入れます。

 

一連の動きを理解して記憶して行なうこともポイントです。

そして、後ろ歩きでしっかりバランスをとるために

腹筋背筋といった体幹も強く育てることができるので、

日常生活での姿勢作りや安定した歩行にも役立ちます。